1. HOME
  2.  > 機種のご紹介
  3.  > 引張試験機
  4.  > AT-30

引張試験機

ANSER5-Ⅱとは?

全ねじボルトから異形鉄筋までの施工管理を行う。

特長

AT-30

AT-30の特長

  • さまざまな現場に対応できるコンパクト設計。
  • 簡単な操作で30tfまでの試験が可能。
  • デジタル化で荷重と変位を同時測定。
  • 負荷方式に油圧を採用。
  • 全ねじボルトから異形鉄筋まで施工管理が可能。

本体

  • 大口径センターホール
  • D32異形筋まで通せる直径36mm

大容量の油圧シリンダー

  • (定格荷重30tf)
    (ストローク20mm)
  • コンパクトな一体構造で、安全かつ簡単に試験施工ができます。
  • 精密測定を可能にするロードセル使用
  • ロードセル反力台一体構造の採用により、軽量化を実現しました。
  • 調整脚つき反力台
  • 一本だけの簡単配線
  • 汎用性を広げるカップリングを標準装備

測定表示部

  • 見やすいデジタル表示
  • 普段はポンプに固定、取り外しも自由。
  • 電源不要の電池作動(単3×4本)
  • 最大値ホールド機能(荷重・変位)
  • 目標値設定機能(荷重・変位)
  • ワンタッチ単位切替tf←→kNの切替が可能

プリンタ

  • 専用プリンタM255で測定結果を瞬時にプリントアウト(充電式バッテリー採用)

試験方法

アンカーの長さによる方法

変位計セットによる方法

仕様

AT-30
名称 テクノテスター(アンカーボルト引張荷重確認試験機)
型式 AT-30
最大荷重 30tf(294kN)
最大変位量 15mm
対象アンカー M16(W5/8)〜M24(W1)
異形鉄筋D16〜D32
傾斜補正範囲 ±5度
荷重精度 非直線性:±1.5%F.S.±1digit
変位精度 非直線性:±1.5%F.S.±1digit
本体重量 20kg
AT-30の測定部
測定範囲 荷重:0〜30tf(294kN)
変位:0〜15mm
最小表示値 荷重:0.01t(0.1kN)
変位:0.05mm
保護構造 防まつ型(IP54相当)
表示部 16文字×2行 液晶表示器
外部出力 RS-232C
電源 単三乾電池×4本
連続使用時間 マンガン乾電池使用時:約12時間
アルカリ乾電池使用時:約40時間
その他 荷重単位切換(tr / kN)、最大値ホールド
設定値によるブザー音、オートパワーオフ
 
AT-30の機構部
負荷方式 油圧式(油圧式シリンダー+手動式油圧ポンプ)
シリンダーストローク 20mm
荷重センサ 歪ゲージ式ロードセル
荷重センサ定格 30tf(294kN)
変位センサ ポテンショメーター式
変位センサ定格 15mm
センターシャフト M36細目ボルト(先端M24細目おねじ加工)
付属品 油圧ポンプ(測定部付ステー付き)
油圧ホース(長さ2m)
変位計取付ステー、変位計ダミープラグ、モーターレンチ、
カップリング(M16〜M24,W5/8〜W1の8種類)
プリンタ仕様
名称 テクノテスター専用プリンタ
サンコーテクノ(株)製
型式 M255
印字方法 5×7
ドットインパクト方式
印字用紙 ロール紙 幅57.5mm
印字内容 試験機の最大値/現在値のデータ印字
単位の自動判別機能付き

お問い合わせ先

 ページの先頭へ戻る