1. HOME
  2.  > 機種のご紹介 > 引張試験機
  3.  > D筋チャック

引張試験機

D筋チャックとは?

異形鉄筋の確認試験に

特長

D筋に対するねじ切りが不要、即セットができます。
外しやすい形状で試験時間を短縮でき、作業効率がアップします。

 
オプション品 セット内容
D筋チャックAセット※摘要機種:AT-200、AT-30 D10・D13・D16
D筋チャックBセット※摘要機種:AT-200、AT-30 D16・D19・D22
D筋チャックCセット※摘要機種:AT-200、AT-30、AT-70 D25・D29・D32
D筋チャックDセット※摘要機種:AT-70 D35・D38
D筋チャックEセット※摘要機種:AT-70 D41
D筋チャックFセット※摘要機種:AT-70 D51

セット方法

1)準備
ゴミや汚れをウェスなどで取り除きます。
ゴミが残っているとDチャックを傷めたり、取り外しにくくなったりします。
ゴミはきれいに取り除いて下さい。
2)D筋チャックのセット
コマとホルダーの隙間が左右均等になるようにセットします。
この時D筋チャックをたたき入れる必要はありません。
たたかないで下さい。
3)荷重の負荷
荷重を加え、試験を行います。
コマのホルダーの隙間が1mm程度になり、荷重が上がらなくなったら試験を中止し、D筋チャックのサイズを確認して下さい。
4)D筋チャックの取り外し荷重を解放すると、D筋チャックは外れます。
荷重を解放してもD筋チャックが外れない場合は付属のボトル(M8×30丸先)をねじ込んで、D筋チャックを外します。このとき、両方のボトルには均等にトルクをかけて下さい。

 ページの先頭へ戻る