HOME > 機種のご紹介 > 鉄筋探査機 > フェロスキャン

鉄筋探査機

フェロスキャンとは?

電磁誘導装置(フェロスキャン)を使用して、鉄筋探査をします。 鉄筋の配置、口径及びかぶり厚を計測します。

特長

  • 配筋状況、鉄筋径、かぶり厚の計測が可能です。
  • 高速データ転送可能なUSBケーブル接続
  • 探査データをPCにて出力可能な報告書作成機能

用途例

コンクリートかぶり厚チェックに!
→鉄筋の腐食防止に必要なコンクリートのかぶり厚の探査
改修工事に!
→鉄筋干渉を避けるため、工事仕様に従って着工前調査
耐震補強工事に!
→作業箇所を探査して、その場で穿孔・切断の位置決定が可能
  • 鉄筋の腐食防止に必要なかぶり厚が確保されているか、フェロスキャンで簡単・確実にチェックできます。
  • フェロスキャンで探査すれば、切断・穴明け作業時の構造用鉄筋への干渉を確実に避けられます。

データ記録例

  • クイックスキャン記録例
  • イメージスキャン記録例

仕様

フェロスキャンの技術データ

外部条件
作動温度 -15℃〜+50℃
保管温度 -20℃〜+60℃
PS200Mモニタ
外形寸法 267×162×62mm
重量 約1.1kg(電池含まず)
画面・サイズ 液晶ディスプレイ・115×86mm
解像度 320×240ピクセル
画像メモリ容量 150枚以上(イメージスキャンモード)
75枚(クイックスキャンモード、計2,250m)
メモリタイプ マルチメディアカード32MB
補助バッテリー・
寿命
リチウム電池・8時間以上
PC接続 USB V1.1
PS200Mスキャナ
外形寸法 256×132×128mm
重量 約1.1kg(電池含まず)
画面・サイズ 液晶ディスプレイ・50×37mm
解像度 128×64ピクセル
有効探査幅 150mm
探査最大速度 0.5m/s
画像メモリ容量 9枚(イメージスキャンモード)
電源自動シャットオフ 5分(最後のキー操作から)
バッテリー・寿命 リチウム電池・8時間以上
データインターフェース 赤外線通信(スキャナ/モニタ間)
データ転送時間 1画像2秒(スキャナ→/モニタ)

フェロスキャンの測定範囲(単位:mm)

  鉄筋径(mmΦ)
D6 D10 D13 D16 D19 D22 D25 D29 D32 D35 D38
イメージ画像化可能な最大かぶり厚 ※1 130 136 142 148 154 160 160 160 164 172 180
かぶり厚決定可能な最大かぶり厚 ※2 90 94 98 102 106 110 110 110 118 134 150
鉄筋径決定可能な最大かぶり厚 ※3 60
  • ※1・・・中心位置の精度:±3mm。ただし、T:d≧3:1(T:鉄筋間隔、d:コンクリートかぶり厚)
  • ※2・・・かぶり厚精密度:≦±10%
  • ※3・・・鉄筋径表示精度:±1規格径

お問い合わせ先

 ページの先頭へ戻る