1. HOME
  2.  > 機種のご紹介
  3.  > 鉄筋探査機
  4.  > RCレポートメーカ

鉄筋探査機

RCレポートメーカとは?

従来のプリンタによるデータ出力に比べ、より複雑なデータ解析が可能です!!

  • 測定結果をパソコンの画面で見ることができます。
  • 画像処理やマーキングがパソコンで効率よく作業できます。
  • 画像結果をJPEG化。マーカ情報を自動でリスト化します。

特長

報告書の原稿を紙で保存する必要がなくなります。
画像・位置データを簡単にワープロソフト等に貼付可能。原稿をファイルで管理できます。
マーカは無制限に追加(削除)可能です。
ハンディサーチ本体では7箇所までです。
ソフトでは、マーカの追加、削除、整列、昇順、降順も可能です。
非誘電率測定により細かい深度補正が可能。
0.1単位で非誘電率を設定できます。
複数測定画像をEXCELの1つのシートにまとめて出力する事が可能。
複数測定画像をJPEG一括出力する場合に、従来では1枚の測定画像につきEXCELファイル1個で出力していたものを複数測定画像を1個のEXCELファイルの1シートにまとめて出力する事が出来ます。

編集表示例

仕様

機能
商品構成 ・ソフト本体(CD-ROM)
・ライセンスキー
・操作説明書
初期設定 以下の項目が変更可能。
・階調方式 ・COMポート ・印刷形式 ・非誘電率設定 ・Aモード保存
・感度印刷 ・方向 ・測定日印刷 ・使用ハンディサーチ印刷
・転送速度 ・作成日印刷 ・十字カーソル印刷
JPEG保存 画像として保存する際に以下の項目の設定が可能。
・Aモード印刷あり、なし ・開始位置、終了位置の設定
・開始位置変更時の距離スケールの設定 ・測定日、作成日の日付印刷設定
・マーカデータの出力先 ・十字カーソル印刷あり、なし
・感度印刷あり、なし ・使用ハンディサーチ印刷あり、なし
・指定データ 一括変換(EXCEL出力時1シートまとめ機能付き)
・表示データ 一括変換(EXCEL出力時1シートまとめ機能付き)
コピー Windowsクリップボードに画像をコピーし「貼り付け」で他のWindowsアプリに貼り付けることが可能。
マーカ編集 マーカの追加、削除、整列(昇順、降順)
誘電率逆算 カーソル位置のかぶり深さを入力するだけで比誘電率を算定し、深度スケール、マーカ情報を自動更新します。
複数断面の表示 重ねて表示、並べて表示、スクロール同期
表示領域の伸縮 ハンディサーチ本体画面ではスクロールしなければならない長い距離の測定データでも、ウィンドウの横幅を自由に変えて表示領域を変えることが可能。
動作環境
ディスク容量 10MB
OS Microsoft Windows 98/98SE/Me/2000/XP/Vista
windows95には非対応
ディスプレイ 表示画素数 800×600 ドット/256色以上(最小条件)
表示画素数 1024×768 ドット(推奨)
周辺機器 ・CD-ROMドライブ(インストール時)
・USBポート
・マウス、トラックボールあるいはその他のポインティングデバイス
その他 Microsoft Excel 97以降
※ソフトウェアの一部でMicrosoft Excelの機能を利用しております。

お問い合わせ先

 ページの先頭へ戻る